遊具もイベントも充実!ファミリーでも楽しめる京都競馬場

こんにちは!1歳児育児中のまゆ(@2525mayuyama)です。

この間、京都競馬場へ家族で行ってきました。

『え?競馬場って子連れで行って楽しめる場所なの?』『何か怖い気がする』と思う方もいらっしゃるかもしれません。私も息子が産まれる前に夫と2回ほど行ったことがあるだけで、息子を連れて行くのは初めて。実際に行くまで『怖いおじさんとかに邪魔にされたらどうしよう…』とドキドキしていました。

でも行ってみたらファミリーの多さにびっくり!施設は綺麗だし、子ども向け遊具のある場所だけ見たら、大きな公園に来たのかと錯覚するほどでした。

そこで、京都競馬場の子連れで楽しめるスポットについてレポートしていきたいと思います。

京都競馬場の子ども向け施設

思いっきり走り回れる!芝生と大型遊具のある「緑の広場」

ここにはだいぶ大きな遊具があり、小学生でも楽しめそうです。滑り台も何種類もあるので取り合いになる心配もなし。

大型遊具の隣にももう一つ大きな複合遊具があります。(近くで写真撮り忘れました、すみません…)木の端や、縄のブランコ、トンネル型の滑り台などがあるようです。

さらにその隣には、普通の公園のようなブランコと鉄棒、芝生の奥には砂場まで!

ボールを使って遊びたい場合や、テントを使用したい場合はこちらの芝生でのみ使用可能とのこと。芝生部分も広いので、子どもも思いっきり走り回ったりハイハイできます。

緑の広場にはトイレも水道もありますので、木陰でお弁当を持ってきて食べるのもおすすめです。

そして今回気づかなかったのですが、緑の広場の反対側にもアスレチック遊具があり、そこでも遊べるようです。そちらの遊具の方が緑の広場よりも小さめで、子ども向け施設から少し歩くので穴場でもあるかもしれませんね。

 

全身でジャンプ!陽だまり広場の「ふわふわドーム」

この山のようなものは巨大なトランポリンになっています。トランポリンの周りで靴を脱いでジャンプして遊べるよう。

ただ、3歳以上小学生以下の年齢制限があります。大人も一緒に入れますが、一緒にジャンプして遊んではいけません(残念…)。

また、平日は利用できないようなのでご注意を!

室内にある広いキッズルーム!授乳・おむつ替えはここで

そして、陽だまり広場の隣の建物の室内にはキッズルームがあります。しかもかなり広めです。

ボールプールや小さい滑り台、発砲スチロールのブロックなどが置いてあり、歩く前くらいの子はここだけでもかなり楽しめそう。

他にも色々な年齢向けの本(絵本から小説まで!)が置いてあったり、テレビではアンパンマンを流してくれていました。

暑い日などは外で遊んで疲れたら中でゆっくり涼みながら遊ぶ、なんてこともありかもしれません。

また、授乳室やおむつ替えスペースもこちらのキッズルームにあります

なお、このキッズルームも平日は利用できないそうです。

子ども向けのイベント

そして忘れてはいけないのが子ども向けのイベント。これはいつでもやっているわけではなく、競馬が開催されている土日にやっています。

大きいレースがある日はヒーローショーはやっていない、ということもあるので、目当てのイベントがある場合は事前に競馬場のイベント情報をチェックしてから行きましょう。

かわいい馬とのふれあいイベント

馬とのふれあいは、単に見たり触ったりできるだけではなく、乗馬の体験ができたり馬車に乗れたり、馬のお散歩ができたりします。(全ていつもやっているわけではないので注意!)

>>競馬場の馬とのふれあいイベント(JRA公式ホームページ)へ

私たちが行ったときはちょうど体験乗馬とポニーの試乗会をやっている時間でした。さすがに1歳の息子は乗れないなあと思いきや、ポニーは130cm未満で首が座っている子どもであれば試乗できるとのこと!

一日に2回試乗会の時間があり、各回先着70名でしたがギリギリ乗れるチケットももらえました。

試乗は子どもだけで乗り、親など同伴者は馬のいる場所からは少し離れた場所から撮影できます。

息子より小さい子も係の方に支えられてポニーに乗っていたのでわくわくして並んでいたのですが…乗る前までポニーや馬を見て楽しそうにしていた息子は、係の方に渡そうとした瞬間に泣き始め私と離れようとしなかったので、ただ馬の前で一緒に写真を撮ってもらうだけになりました。残念。

ヒーローショーなど子ども向けのショーも!

競馬場や行う時期によっても違いがありそうですが、今回言った京都競馬場では、前日に『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のスペシャルショーをやっていました。

ショーはG1と呼ばれる大きいレースがある場合は土曜日、そうでなければ日曜日にやっているようです。

他にも俳優さんや芸人さんのトークショーなどもやっているので、もしかしたら好きな芸能人に生で会えるチャンスもあるかも…!?

大人も楽しめるイベント・施設

ここまで子ども向けの施設やイベントについて書いてきましたが、競馬以外にも大人が楽しめることがあるんです!

場所・季節によって様々!グルメイベント

競馬場はグルメイベントも定期的に開催しており、これも見逃せません。

元々入っている飲食店も数多くありますが、それとは別に出店しているお店があったり、グルメイベントを行っている時があります。

私たちが行ったときはちょうど『関西ラーメンダービー』をやっていました。なんと有名ラーメン店が20店舗以上出店しているとのこと。私は息子と一緒だったのでラーメンは食べられませんでしたが、かなりたくさんの方がラーメンを食べていましたよ~!

ワンドリンク無料!UMAJOスポット

こちらは女性の方限定の場所になってしまうのですが、ワンドリンク無料サービス付きのカフェスポットがあります。競馬場の中にさえ入っていれば良く、特に馬券を買ってなければいけないといったことはありません。

中にはオリジナルスイーツも販売しており、その場で食べることもできます。

※一日一回最長60分まで。混雑が予想される日は30分まで。

※未就学児であれば男性でも利用可能

中はすごく綺麗で、静かな空間でわずかな時間ですがゆっくりすることができました。

京都競馬場の利用料金や営業時間、アクセスは?

利用料金

入場料金の200円のみです。遊具なども全て無料で利用できます。(もし競馬場で競馬を見る指定席を利用する場合は別途料金がかかります。)

そしてなんと…競馬が開催されていない日は無料で入れます

あんなに色々な遊具が入場料のみ、もしくは無料で利用できるのはすごい。家から近かったら頻繁に利用してます。

営業時間

レース開催日 9:00~17:00
平日

(月・火・祝日・年末年始は除く/その他 臨時の休務日有り)

10:00~12:00、13:00~16:00

また、平日はキッズルームやふわふわドームは利用できないので気を付けてください。

アクセス

所在地 〒612-8265 京都府京都市伏見区葭島渡場島町32

電話番号 075-631-3131

京阪電鉄淀駅からステーションゲートという京都競馬場の真ん中のゲートの2階に直結しています。淀駅からは約2分程で行けます。レース開催日の朝早くに行くと(9:30~9:45)、ステーションゲート付近でミニチュアポニーお出迎えしてくれます。

駐車場もありますが、レースがある日は周辺道路も混むので公共機関で行くのがおすすめです。

ただ、子連れでお出かけは何かと荷物が多くなりがちなのでどうしても車で行きたい!という場合は、近くの駅まで車で行き、そこから電車に乗って向かうパークアンドライドがおすすめです。

私たちも今回、京阪電鉄淀駅と2駅離れている橋本駅のコインパーキングに車を置いてそこから電車で向かいました。橋本駅で停めたコインパーキングはパークアンドライド割引があり、駐車料金が100円引きでしたよ!

まとめ【競馬をしなくても、子どもと競馬場へ行って1日楽しめる!】

今回行ってみるまで『競馬場に子ども連れってそんなにいるのかな』と不安でしたが、いざ行ってみたら家族連れがたくさん!遊具のところだけ見たら大きな公園に遊びに来ているかのようでした。

女性もたくさんいましたし施設も綺麗で、競馬場という響きで何となく敬遠していた方はイメージをかなり覆されると思います。

遊具がとても大きい上に種類もあってレースが開催されている時はイベントもかなり充実しているので、競馬を全く見ない人でも一日楽しめます。

天気が良い日は家族で競馬場へ行って遊ぶのもおすすめですよ~!

>>京都競馬場のホームページへ

 

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です